アウトドアギア

憧れのカヤックフィッシング|夢を叶えるのに必要な予算の話。

この記事では、カヤックフィッシングを始める際に必要な道具予算について紹介します!

近年、カヤックフィッシングやSUPフィッシングがメディアで取り上げられたりSNSで見かける機会が多くなり興味を持ってる方が多いかと思います。

自分も始めてみたいけど、

どれぐらいお金がかかるの…?

何が必要なの…?

と二の足を踏んでいる方は少ないないと思います。

必ず要る物から、あったら便利な物まで細かく紹介していますので準備の参考にして頂けたら幸いです。

全体予算

まずは、検索してこの記事へ来て頂いた人が1番気になっているであろう、全部揃えるにはいくら必要なの?についてですが…

必要な物+あったら便利な物を合計して、おおよそ20万円必要です。

『なんだ、自分には無理じゃん』と思った方、ページを閉じないで下さい。

上記の金額は新品で、あったら便利な物も含まれてます。
工夫次第で金額はいくらでも抑えられられますので、カヤックフィッシングという最高に楽しい世界を簡単には諦めて欲しくないです。

それでは、『何にいくらぐらい必要なのか』をそれぞれまとめてますのでご覧下さい。

絶対に必要な物

カヤック本体

カヤックは大別して、シットインカヤックとシットオンカヤックの2種類があります。

カヤックフィッシングはシットオンカヤックで行うのが一般的です。

推進力を得る方法としては、パドルを漕いで前に進む方法と、ペダル式(足漕ぎ)で前に進む2種類があります。

通常のパドルで漕ぐタイプで¥80,000〜¥140,000
ペダル式で¥180,000〜¥270,000

値段の幅は、シートの質であったり釣りの装備を取り付け易い様に拡張性が高められていたりといったところで金額が上下します。

パドル

パドルはペダル式のカヤックでも万が一の時を考えて必要です。
材質によって金額の幅が広く、下記の通りです。

アルミ+ナイロンの物で¥6,000〜
フルカーボンだと¥40,000〜

高級なフルカーボンパドルが絶対に良い!という訳ではありませんので、先ずは安いパドルからで大丈夫です。

ライフジャケット

海上でカヤックから落水した時に命を守ってくれるのがライフジャケット。

たとえ浅瀬でも、泳ぎに自信があったとしても絶対に着用して下さい。

腰巻きタイプや、自動膨張式ではなくジャケットタイプを着用しましょう。

¥7,000〜¥13,000

リーシュコード

船体とパドルを繋ぐ物です。

海上でパドルを落としてしまって回収できなくなることは『』を意味します

ケチらずちゃんとした物を買いましょう。

¥2,000〜

セーフティフラッグ

このアイテムも自分の命を守る重要な装備です。
カヤックは通常の船より船体が薄く海上に少しのうねりがあるだけで、うねりの中に船体が隠れてしまいます。

海上には遊漁船、漁船、旅客船等さまざまな船が行き交います。
こちらの位置を相手方に知らせる為に必ずカヤックにフラッグを立てましょう

¥2,500〜

ベースキャリア ・ノンスリップパッド

『ベースキャリア』 とは、車の屋根にカヤックを積載する際のベースとなるフレームの事です。
『ノンスリップパッド』とは、カヤックとベースキャリア とのフィット感を高めるアイテムです。

車から落として大惨事…となる前に着けておいた方が安心安全です。

ベースキャリア は、車種によって、適合している商品が変わってくるので不安な方はオートバックス等の専門店にお問い合わせ下さい。
しかし、安く買えるのは楽天等のインターネットショップなので節約したい場合は頑張って調べて下さい!

ベースキャリア :¥10,000〜15,000
ノンスリップパッド:¥7,500

ストラップ付き携帯電話防水ケース

カヤックの上でも携帯電話を扱う機会は多いです。
海の中に落としてしまわない様に、必ずストラップ付きのケースに入れてライフジャケットに繋げましょう

ケースに入れるもう一つの理由として、自分がカヤックから落ちた時に電話で救助を求める必要があるからです。
もし、カヤックから落水して再乗船が難しい時は迷わず海上保安庁に118番して下さい。

¥4,000〜

できれば揃えておきたい物

下記は、絶対に必要では無いけど釣りをするのであれば買っておきたい物を紹介します。

魚群探知機

いわゆる魚探というものです。
魚探というと、漁船に付いてる大掛かりなものをイメージすると思いますが、カヤックやゴムボートなどの小型の船で使いやすい様に設計されているコンパクトな魚探が各メーカーから販売されています。

正直に言うと必ず揃えて欲しいアイテムではありますが、値段が張るというのもありますし魚探が無くても釣りを出来ない訳ではないので後回しでも大丈夫かと思います。

魚探のメリット
1.ベイトの有無・位置が分かる
2.水深が分かる
3.釣れたポイントを登録できる
4.通った軌跡が分かる

【1.ベイトの有無・位置が分かる】
その名の通り、魚探はこの為に買うと言っていいでしょう。

陸っぱりと違ってカヤックで海へ出ると、攻められるポイントは無限にあります。
無限が故にどこを攻めたら良いのか分からないので、ベイトを見つけてそこにルアーを落とすというのが一番効率的です。

魚釣りは、魚が居ない所で何時間も粘っても釣れませんからね!
せっかくの休みを無駄にしたくないのであれば魚探を買いましょう(笑)

【2.水深が分かる】
オフショアで釣りをするにあたって、水深を知るというのも重要な要素です。
なぜなら、その海域に適合したルアーや仕掛けの重さでないと風や潮の影響でルアーが流されて底を取れずに釣果に大きな違いが出てきます。

【3.釣れたポイントを登録できる】
GPS機能付きの魚探であれば、釣ったその瞬間にポイント登録出来ますので後日同じポイントに簡単に入れます

【通った軌跡が分かる】
軌跡が分かれば、同じ場所を攻めたい時・攻めたくない時に活用できます。
つまり、効率良く探れるということです。

¥45,000〜

艤装

『艤装』とは簡単に言うと、カヤック本体をを釣りをするのに使いやすくする為にパーツを取り付けてカスタムする事を言います。

例:ロッドホルダー、魚探用のマウント 等

身動きが取りにくいカヤックの上で効率的に釣りをする為に必要になってきます。

¥3,500〜

ランディングネット

不意に大物が釣れる可能性があるのもカヤックフィッシングの魅力!
ランディングの際に手を怪我しないようにする為にも、ランディングネットも出来れば買っておきたい物の一つです。

選ぶポイントとしては、柄が少し長めでネットが深い物が使いやすいです。

¥4,000~

ドーリー

ドーリーとは、カヤックを地上で移動させる時に使う台車のことです。
駐車場からエントリーポイントまで距離がある時に重宝します。

砂浜を行ったり来たりしていると、結構しんどいですよ(笑)

¥5,000〜

パラシュートアンカー

カヤックフィッシングは、風や潮の影響で流されながら釣りをするのですが、少しでも流れる速度を落としたい時に役立つのがパラシュートアンカーです。
ジギングや、タイラバ 等縦の釣りをする時に有効です。

¥5,000〜

ウェア類

・ラッシュガード上下
・スポーツサンダル
¥6,000〜
カヤックフィッシングの主なシーズンである5月〜は上記のウェアでOKです。

まとめ

全ての道具を新品で揃えると、おおよそ上記の予算が必要です。
【ポイント】
1.命に関わる物はケチらずにちゃんとした物を。
2.あったら便利な物は徐々に揃えていってOK

総額14〜20万円と聞くとビックリするかと思いますが、ひと月に1.5万円節約すれば1年で達成できる数字です。
私は1年間頑張って節約してカヤックを手に入れました!

【最後に】
私がカヤックフィッシングの世界を知ったのはSNSでした。
年に一回遊漁船に乗るぐらいで、ほとんど防波堤で釣りをしていた私は、ずっと『マイボート』が夢でした。
カヤックでの釣りは、いつもの防波堤から少し沖のポイントに行くだけでタイやブリ、ヒラメなど釣果がググッと上がります♪
カヤックフィッシングに興味を持たれた方は是非ともチャレンジして頂きたいです!
釣り好きならば誰もが羨む素晴らしい世界が待ってますよ!!